【予告】東京地学協会で講演させていただきます

日本の地質系学協会としては一番古い歴史を持つ「東京地学協会」。

お声がけいただいたのは夏頃、講演者は5名でみなさん大学の教授などそうそうたるメンバーに戸惑いましたが、「ジオガシ旅行団のお話をできるのはあなたしかいません」と言ってくださりありがたくお引き受けした次第です。

講演者のみなさん講題が興味ふかく、いろいろな角度からジオツーリズムを考える機会が得られそうです。

中にはこんなふざけた講演もあっていいのかな、と地学素人ですが柔らか面白くお話できればと思います。

ジオガシ旅行団の講題は

「お菓子な景色で大地を楽しもう!-お土産型体験ツールで拡がるジオツーリズム-」

詳細です。

日 時:平成29年11月25日(土)13:15~16:45

13:15 ~ 13:20 開会挨拶 目代邦康
13:20 ~ 14:00 目代邦康(日本ジオサービス株式会社)
ジオツーリズムの現状と今後の展望
14:00 ~ 14:40 大岩根 尚(合同会社むすひ)
地球科学の専門家によるジオツアーの実践
14:40 ~ 15:20 鈴木美智子(ジオ菓子旅行団) 
お菓子な景色で大地を楽しもう!-お土産型体験ツールで拡がるジオツーリズム-
15:30 ~ 16:10 狩野謙一(静岡大)
学術研究サイドとジオパークとの橋渡しとしての「伊豆半島南部のジオガイド」
16:00 ~ 16:40 島津 弘(立正大学)
「屋久島ジオガイド」から世界遺産屋久島の「ジオ」を発信する
16:40 ~ 16:55 総合討論

場 所:弘済会館(東京都千代田区麹町5-1)

ご興味あるかた、ぜひ足をお運びくださいませ。

当日は少しですがジオ菓子も販売させていただく予定です。

ジオガシ旅行団の活動をお話させていただきました

今日は沼津のプラザヴェルデです。

お声がけいただいたのは

第48回関東甲信越靜 社会教育研究大会 静岡大会

僭越ながらシンポジストを務めさせていただきました。

おおおーきな会場でおののきつつ、コーディネーターの静大 阿部先生の司会で先導していただきながらなんとかお話でき、完了後、とても満足。

会場のみなさまも関心を持って聞いてくださっている空気がよく伝わってきて本当に幸せな時間でした。

ご一緒させていただいたシンポジストの弓削様や、藤井様のお話も新鮮で、こんなに日頃頑張って地域と子供達とともに未来につながる活動を楽しまれている方々がいるのだ〜、と視界がいっきに広がりました。

最後に阿部先生より予定外の

「何か困ったこと、困っていることはありませんか」

というナイスな質問。これを機に

地域の人が宝となり機能できるよう、こんなに素晴らしい地形を有するふるさとを誇りに持ってもらえるよう、子供達とのジオ勉強を望んでいる

ということと、

ジオ清掃活動を通じて、高齢化地域の環境整備、地元の方との交流、地元の方へ足元にあるジオを知る機会作り

をやりたいのですが私一人ではできません。ぜひごご一緒にお願いします、とお話することができました。

日頃、教育委員会の皆さんとあまりご縁がなかったのですが
その分本当に素晴らしい出会いの連続に、これからの新しい風と化学反応がとても楽しみになったのです。

本当に素敵な機会をいただきありがとうございました。

追:
受付でとっても親しげに「おお、美智子!」
とお声がけくださった方。
えっとどなただっけ〜〜〜、と忘れっぽい私は考えながらお話をしていると、俺だよ、と。
よくよく顔を見ると、中学時代の恩師でありバスケ部活顧問の「瀬川先生〜〜〜!お久しぶりです〜〜〜」
覗き込んだお顔の奥に面影が。
現在、伊豆市社会教育委員会副委員長をされているとのこと、
ジオガシ旅行団の活動を応援くださっており、本当に嬉しい再会なのでした。

「マツコの知らない世界」で取り上げていただきました!

先日、大学時代の友人がマツコの知らない世界に出演しており、「いいなぁ〜、いつかジオ菓子も」と思った途端

「マツコの知らない世界」ディレクターの○○ですが、

という電話。

本当にびっくりしました!
思うやいなやの速攻だったのです。

そうこうしているうちに 11.14放送の「崖の世界」の最後、
マツコさんに食していただき、紹介されました。

実は少し前に収録に立ち会わせていただいたのです。
スタジオのはじっこで観覧。

放送では枕状溶岩を食べた感想がながれておりましたが、実はもう1種、食べていただいておるのです。

その名も

水底土石流パウンドケーキ

「フツーに美味しい!世田谷の洋菓子店で売っているといっても遜色ない位」
と言ってくださり大満足!

その時にマツコさんが「でもなんでこんな変な名前?普通に売れば美味しいし売れるだろうに」と至極当然なことをおっしゃったのです。

で、その流れで「実は作っている人、今日来ています」と紹介いただき、少しお話させていただきました。

が、崖の世界から離れてしまうため、オールカット。

いいのです、それでいいのです。
気にしておりません。
いえ、まったく。

マツコさんは本当に優しい気遣いの方でした。
ADさんたちも信頼しており、本当にすごい方なのだな、と。

良い経験をさせていただきました!

次はマツコさんにプレゼンするぞー!